2013-05-09 (Thu)
am_20130508230140.jpg

アモーレパシフィック
トリートメント カラーコントロール クッション


4月のグロッシーボックスに入っていた、アモーレパシフィックの
“つや肌”に導く『トリートメント カラーコントロール クッション』。
通称“CCクッション”です 

リキッドをクッションに封じ込めたの新感覚ファンデとして
韓国コスメでは大人気のクッションファンデ。
わたしも、IOPEやLILIKOSなど愛用していますが
やはり、天下のアモーレパシフィックも気になるところ。

日本でもこの春、発売開始したということで、ますます気になっていたんだけど
なんとグロッシーボックスに入っていました!!
サンプルサイズではありますが、嬉しい〜♪

am2_20130508231916.jpg

サンプルとはいえ、ちゃんとルビセルパフ。

それはそうと、クッションファンデってどうしてどこのブランドのものも
このブルーのルビセルパフなんでしょうね。
ま、実際、滑りが良くて使いやすいですけど・・♪


アモーレパシフィックのCCクッションは
ミネラル豊富なバンブーサップ(竹の樹液)をベースにつくられたリキッド。
パウダーに含まれる「グリーンティオイル」が光をあやつり、
気になる部分をカバーしながらつや肌へと導くファンデーションなんです。

SPF50+/PA+++と、サンスクリーン効果もバッチリで、
乾燥の大敵である紫外線からもしっかりとお肌を守ってくれます。

そうそう、クッションファンデって日焼け止め効果が高いことから
今まではどちらかというとベース使いしていたんだけど、
最近は仕上げ(または化粧直し)に利用するのがマイブーム。
一瞬にしてツヤピカな水光肌にしてくれます 

肌への密着度も高いので、決して「塗りました」という感じにならないのがいいですね♪

am3_20130508232947.jpg

このみずみずしい感じ。
一瞬ひやっとする清涼感のある肌触りが、これからの季節は特にいいですね〜

・・あ。肝心の仕上がりですが
正直、IOPEと比べてさほど優劣の差はないかな?という感じ 
カバー力もそんなに大差ないし、ツヤ感もどちらもいい感じ。
・・ま、結局わたし、クッションファンデというもの自体が好きなのかも 

ただ、レフィルつきで5.880円(税込)という、
アモーレパシフィックの商品にいては比較的お安いので
その点はお得感というか、一流ブランドを使っているという優越感は
アモーレパシフィックのCCクッションのほうがあるかも。

これはぜひ、機会があれば現品でじっくり使いたいですね〜。


それにしても、クッションファンデ、やっぱりいいですね。
同じく韓国コスメでは今、CCクリームも流行っていますが
わたしは断然クッション派ですね 




ブログランキング・にほんブログ村へ    人気ブログランキングへ


コメント大歓迎♪楽しく読ませていただいています。
なかなか返事をつけられませんが、ブロガーさんの場合はブログに直接お伺いさせていただきます。
時間がかかる場合もありますが、ブロガーさん以外はこちらでお返事させていただいています。
| 韓国コスメ | COM(3) |







管理者にだけ表示を許可する