2014-04-15 (Tue)
洗顔後、その後に使う化粧水などの入りを良くし、
スキンケア効果を高めてくれるブースターは今や常識 

わたしも、洗顔後はまずはブースター、という手順がすっかり身についてますが
最近ちょっといいものを見つけたのでご紹介します。

green_20140413215910c02.jpg

グリーンムーンミルクエッセンス

これ、ただ単に化粧水の馴染みを良くするという脇役的なものではなく
美容成分ほぼ100%の濃厚美容液。主役級なんです  

美容液の構成成分といえば、まず大部分が水(精製水)の場合が多いんだけど
このグリーンムーンミルクエッセンスは精製水を一切使用せず
その代わりにハマメリスとアロエベラから抽出した植物水を使用しているんです。
なので、使用量は少量でも濃度が全然違います。

植物の生命活動を支えるために蓄えられる植物水には生命力がみなぎっています。
さらにバリア機能を回復して肌基盤の土台を築いてくれるラズベリーセラミドや
乾燥した塩湖に住まう、唯一の生命体、エクトイン、
肌を内側から柔軟にするクランベリー種子油などの美容成分も加わって
これ1本で肌の土台をしっかりと立て直してくれる感じ。
高級美容液に匹敵する美容効果が期待できます 

green3_20140413230002351.jpg

手にとると白い乳液のようなコッテリしたテクスチャーなんだけど
ちょっと伸ばすとこんな感じでとってもみずみずしい感じになります。

肌の奥に吸い込まれていくようにスーッっと馴染み
あっという間に表面サラサラ。
なのに、もちっとした潤いは持続
するという
何ともいえない独特の使用感。
なんだろう?この使用感はちょっと今までにないかも。

ふつう、これだけの濃密成分を一気に肌に入れようとすると
重くってなかなか吸収されないんだけど
グリーンムーンミルクエッセンスには
「多段階マルチエマルション」という独自の技法が採用されていて
美容成分を必要な場所にしっかり届けてくれるんです。

この技術、通常では1度しか行わない乳化工程を、4段階で乳化させているそうなんだけど
そうすることによって、美容成分を一度に肌へ放出するのではなく
表面に必要な成分は表面に留まり、
奥に必要な成分は角層の奥深くに浸透するという
拡散型の浸透技術
なんです 

section06_point01_img02.jpg

イメージとしてはこんな感じ。
必要な成分が必要な場所で力を発揮してくれるから効率が良い!
肌にピーンとハリが出て、内側からしっとりもっちりします♪

もちろん、この後から使う化粧水の浸透も全然違ってきて、
いつもの化粧水もグレードアップした気分。
ハリUPするので毛穴も目立たなくなるし、メイクのもちも良くなります。

green2_20140413234624689.jpg

クリームなどで表面から一時的に潤いを与えるのではなく、
しっかりと肌の土台から立て直してくれるグリーンムーンミルクエッセンス。
いつものスキンケアにプラスするだけなので
エイジングが気になる人はぜひお試しを。

1.5か月使える量(30ml)で8,208円と、決して安くはないけど
スキンケアのレベルがグンとUPするので、値段に見合った価値はあると思いますよ 







☆ランキングに参加しています☆
ポチッと押していただけるとブログ更新の励みになります♪


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
| コスメお試しレポ | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する