2011-01-03 (Mon)
2011年になりまして、すでに数日たちました 

新年の抱負、というわけではありませんが、
このブログのあり方というか(いや、そんな大げさなものじゃないな)
わたしの考え方を少し書いてみようかな・・と思います。

いろんな方からの意見や質問もふまえて、今わたしの思うところをそのまま書きます。
なが~くなるので、ReadMoreのほうに折りたたみますね。
興味ない人はスルーしてください。


    にほんブログ村  美容ブログへ     人気ブログランキングへ

>>>ブログランキング参加中!
>>>「ミズ・ビューティー」掲載中のビューティマニア記事

ランキングに参加しています。ポチっと押したら画面が表示されるまで待ってくださいね。
★コメント、大歓迎です♪ 
ブロガーさんの場合は直接ブログへお邪魔してお返事していますのでご了承ください・・


* * * わたしって、良くも悪くも環境適応能力がすごくある人間なんだと思います。

最近はなかなか行けなくなったんだけど、昔は海外旅行が大好きでいろいろ行ってて、
わたし、どこの国へ行っても100%以上に楽しめたし、何を食べても美味しい!と感じられるのね。
あ・・もちろん苦手な味もあるんだけど、それはそれでまた楽しめるというか・・

で、いつも思うことなんだけど、
一緒に食事してて「これ、美味しくな~い」とか、
「こんな不味いの食べられない」とか言う人、いるでしょ?
・・・わたし、あれダメなんだよね。

だって、わたしはそれを「美味しい!」って思って食べてるわけでしょ?
なのに目の前でそんなこと言われたら「え?これを美味しいと感じるわたしってヘンなの?」
・・って、なんだかいや~な気分になる。
いっぽう、「美味しいね」「これって外国っぽいよね」とか
一緒になって盛りあがってくれる人との旅行だとよりいっそうワクワクして楽しくなる!

以前、初めてアメリカにホームステイする前に、
「向こうでは自分の意思をきちんと伝えないとダメ。あいまいはダメ」と言われたの。
・・で、わたし、「嫌いなものが食卓にでてきたらどうするの?I don't like itとか言うの?」
って、コーディネーターの人に聞いたら
「う~ん、それは失礼ですね。そういう場合はIt's not my tasteかな?」
って教えてもらったの。

そう、出されたその料理が不味いのではなく、自分の口に合わない、ということ。
この違い、微妙な差のようでいて、言われた方にとっては大きな違い。

だって、日本人のわたしにとっては口に合わないかもしれないけど、
それはアメリカ人には大人気の味なのかもしれないし、すごく美味しいのかもしれない。
なのにそれを「不味い」って言ったら、言われた方もビックリだよね。


・・って、何が言いたいのか・・ってことなんだけど、
コスメもそうなんだよね。
だからわたし、よっぽどのことがないと頭ごなしに批判はしてきてないつもり。
(香りが苦手・・とか、ベタつく感じ・・とか、個人的意見は率直に書いてますが)
あきらかに悪意を感じる場合は別として、
基本的にどのコスメもその道のプロが一生懸命研究して作られたものじゃない?
たとえそれが自分にはイマイチなものであっても、それをいいと感じる人もいるんですよね。

肌のタイプも違えば年齢も違う、ときには性別も違うわけで 
そうしたらやっぱりそれぞれに感じ方も違ってあたりまえ。

そして、成分についても、なるべくなら自然に近いものを選ぶようにしてるけど、
かといって、それが絶対ではないと思ってる。
100%ナチュラルじゃなきゃ・・ってこだわる人もいて、
それはそれでスゴイと思うし、その考え方も否定しないけど、
だからといってケミカル漬けの人を批判するつもりもないの。
だって、何が絶対かなんてないんだから。
見方を変えれば、また考え方を変えればそれぞれ長所と短所があるの。

わたし、一時的にアトピーになった時期があるんだけど、その時はすごく感じました。
基本的にはステロイドは避けてたんだけど、かならずしも「悪」ではないんです。
そりゃ、使わずに済むなら使わないほうが絶対にいいけど、
どうにもこうにもアトピーがひどくって人前で顔があげられない
・・なんて時までガマンするのがはたしていいのか悪いのか?
わたしは、そんな時は開き直ってステロイド使いましたよ。
だって、「今」を楽しみたかったから。
でも、必要以上には使わずに、使わなくてすむ方法を模索して脱ステしました。

まぁ、わたしの個人的な考えでは、
できれば自然の力で、不自然なことはせずにキレイになるっていうのが理想だけど、
それでもやっぱり、手っ取り早く効果を出したいときはケミカルに頼っちゃう。
だって、一生のうち一番綺麗でいられる時期(いつも今が一番・・と思いたいけど)
その時に出せる最大の効果を出してみたい・・って思うでしょ?
未来の肌のために・・・って言いいながら、
せっかくの今を化粧っけもなしでいるとか、なんだかもったいないような・・

それに、オーガニックオーガニック・・ってこだわりすぎて
逆に艶のない肌をしてる人とか、残念な人・・・けっこういませんか?
また、高級コスメ使いまくっててもちっとも綺麗じゃない人もいれば
成分見たら「え~?」っていうようなコスメ使っててもツルピカの美肌の人もいる。
まぁ、もちろん、コスメだけじゃなく、内側からのケアも関係してるのでしょうが。

やっぱり、「○○じゃなきゃ」ってこだわりすぎるのも、
反対に何の知識ももたずにやみくもに手をだすのも、どちらも極端なのかもね。
自分の肌の状態は自分が一番わかるんだから、
今、自分の肌が何を求めているのかを考えながら、
自分の信じる方法でお手入れするのが一番何だと思います。
これはメンタルなことも関係するんですよ。
いくら良いコスメを使っても、疑いながら使うと効果も半減するんだって。

・・・って、やっぱり何書いてるかわからないような文になっちゃったけど、
まぁ、最近いろいろと思うことがあって、素直なわたしの意見を書いてみました。

なので、「何が一番効きますか?」という質問をよくいただきますが、
「わたしにとって一番」だったものはお答えできても
「あなたにとって一番」なのが何かはこたえられません。
だって、わたしとあなたの肌は違いますから。

そして、わたしも時々ブレます。専門家でもないし、生身の人間ですから。
でも、それは決して嘘偽りではなく、
その時はそう感じても時がたてば考え方が変わってきたこともあります。
反対に、以前は「何これ?」とちっとも良く思わなかったものが、
肌状態が変わって再度使ってみたらとてもよかったという場合もあります。
あまりにも激しく意見がちがってきた場合は記事の修正をした例もあります。
そして、最初は「すごい!」と思ったものも使い続けてると色褪せてきます。
これは当たり前のことで、それは「慣れ」ちゃったから。
また時間をおいて使ってみると再発見がある場合もあります。
・・・なんて言われるとますますわかりにくいですか?

でも、参考になるようにできるだけ詳しく、
言葉をしっかり選んで正確に、丁寧には書いているつもりなので、
そこから自分に合うかどうか、参考にしていただければ幸いです。
(それでもわかりにくかった場合は質問してください!)

そして、これだけは誰にでも当てはまるのでは?と思うのは、
やっぱり女の子は笑顔が一番です。
クールビューティーとかもあるけど、やっぱり笑顔に勝るものはありません。
笑顔でいると良いホルモンも出て、本当に肌も綺麗になるし、何より周りをハッピーにします。
辛くて笑えない・・・そんなときもぜひ、口角だけでもあげてください。
人間の脳って以外にバカだから、口角がキュッっとあがってると
「あれ?今楽しいの?」と勘違いしてくれて、だんだんと本当に楽しいような気分になってきます。
いくら美人でも眉間に皺よせてちゃ台無しですよ。(自分にも言い聞かせてます   )

あとは、美意識と努力。
美意識をちゃんともっていれば必要以上に老けこむことはありません。
へんに若づくりしろって言うんじゃないんですよ。
その人なりに、自分の理想とする年齢の重ね方ができれば美しいです。
努力はすればするほど理想に近づけます。
「どうせ私は美人じゃない・・」「もう歳だからしかたない・・」なんてあきらめたら終わり。
失敗を恐れていちゃダメなんです。
失敗は次のステップへのバネになるし、反省するからもっとがんばれるんです。
コスメをえらぶ基準も、自分の理想も、
自分なりのボーダーラインを決めるといいかもしれないですね。無理しない程度に。


・・・いやぁ~・・・思いつくままに書いてたらすっかり長くなっちゃいましたね。
でも、まぁ、思うこと全部書いたらスッキリしました。

あ、これはあくまでもわたしの意見なので、「そうじゃない!」と思う人もいると思うし、
わたしと違う意見を持った方に対して「こうでしょ」と言うつもりはありませんが、
もしも読んでいて不愉快に感じる部分があったら許してくださいね。

こんなわたしですが、今年もわたしなりの美意識で
美と健康についてしっかりとレポートしていきますので、よろしくお願いします。
| 未分類 | COM(19) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する